リサーチレポート 【浸透編】策定関与者400名に聴く「パーパス策定のリアル」

今、パーパスが注目されています。先が見えない不確実な時代において、企業のパーパス=存在意義を明確にし、社内外に浸透させることは、より強い組織、強い企業のブランドを作りあげていくことに繋がります。「自社はなぜ社会に必要なのか?」という課題を明確化することで、ステークホルダーからの支持の獲得はもちろん、従業員のモチベーション向上などの効果が期待できます。「人事/採用」「新規事業展開」「ステークホルダーとの良好な関係」など、多くの企業が抱える様々な課題に対して、パーパスを拠り所にして判断・行動していくことが、正しい解決につながっていきます。
策定編に続き今回は、エスエムオー株式会社( www.smo-inc.com)と共同で実施した、実際にパーパスを策定した企業の関与者400名に対する調査から、パーパス浸透を成功させるためのポイントを明らかにしました。また、本記事とは別に、「浸透施策内容」をはじめ、「躓きポイント」や「パーパス策定・浸透による効果」など、パーパス策定にすぐに役立つより詳しい資料もご用意していますので、ダウンロードのうえ、併せてご活用ください。【ダウンロードはこちら】

目次

「パーパスのリアル調査」の調査内容

企業のパーパス策定の概要「きっかけ・時間・費用・人数・手法」と、策定/浸透/外部発信、各フェーズにおける手法や悩み・課題について調査をしました。
・策定した背景 きっかけ
・費やした資源 時間・費用・人数
・策定の仕方 実施した取組み・策定手法・外部協力の有無・苦労や課題
・実感できた「効果」
・策定後「浸透」手法・苦労や課題
・策定後「外部発信」手法・苦労や課題
・その他 成功のポイント・これから策定する方へのアドバイス

パーパス策定のポイント(策定編の振り返り)

パーパス策定何故始めた? SDGs対策としても高い期待。

企業の策定きっかけの上位は「組織風土改革のため(26.5%)」「SDGsへの取り組み強化として(24.5%)」「人事採用への効果に期待(21.5%)」と続く。組織風土や人事への好影響など社内的な要因と同じくらい、SDGsの強化に期待するとの回答も多い。

パーパス策定はしっかり時間をかけて。
少なくとも3~6ケ月間(33.8%)、または、それ以上(39.3%)は必要。

パーパス策定には、「3~6ケ月(33.8%)」、「半年から1年(23.3%)」を要する。当然ながら従業員規模が多いほど時間はかかる。中には、1年以上も(16%)存在。

※策定編記事はこちらからご覧ください。

パーパス社内浸透の「手法」

担当者の約3人に1人が「社内報」、「社内説明会」、「社内イントラ」を活用。

社内報(35.8%)、社内説明会(31.5%)、社内イントラ(30.3%)が多く活用される一方で、パーパスに照らし合わせた業務の振り返り会の実施(14.5%)、社内面談(13.3%)など、社員個人に落とし込むための浸透施策を行う企業が少ない傾向となった。

パーパス社内浸透で「躓きやすいポイント」

社内浸透のキーポイントは「社員からの評価」。

苦労した点として、社員からの評価(35.9%)が最も高く、その結果、浸透理解が特定部署のみにとどまっている(26.3%)、経営の意思決定にあまり使われない(26.0%)などの影響が出ている企業もある。

パーパス社外浸透の「手法」

社外浸透の圧倒的1位は「ホームページ」。担当者の約2人に1人が活用。

社外浸透の起点としてホームページを活用する企業が多く、他に会報誌(22.3%)、TVCM(20.3%)、新聞(19.8%)を活用する企業もいる。

パーパス社外浸透で「躓きやすいポイント」

社外浸透の肝は、「外部活用」。

苦労した点として、社外への説明が難しい(29.2%)、パーパスの外部発信手法がわからない(26.5%)、発信する部署や人手が足りない(21.8%)など、発信手法および社内体制が課題となるケースが多い結果となった。

パーパス策定・浸透による「効果」

社員の意識向上の他、自律的に働く社員の増加など、具体的な働きを加速する効果あり。
時間や人数をかける事、また適宜専門外部を活用する事で策定の効果は高まる。

社員間での一体感が高まった(24.5%」、「社会意識が高まった(23.8%)」、「自律的に動く社員が増加した(19.8%)」、「社員エンゲージメントが高まった(19.0%)」の順で高い。また、外部活用先によって効果も異なる。コンサル会社を活用した場合、多くの項目で効果は向上し、特に「社員エンゲージメント」「社会貢献意識」などで効果の高まりが大きい。また広告会社を活用した場合、「企業認知向上」「イノベーションが起きやすくなった」などで効果が高まっている。さらに、策定時間や関与人数によっても効果は異なり、時間及び人数をかけた方が、効果が高まる結果となった。

パーパス浸透における成功への3つのポイント

ダウンロード資料では、より詳細な「浸透施策内容」や「躓きポイント」、「パーパス策定・浸透による効果」など、パーパス策定にすぐに役立つ情報をご提供しています。「資料ダウンロード」ボタンより、ダウンロードのうえご活用ください。

「パーパス策定に関する実態調査」の調査概要

調査タイトル
「パーパスのリアル大調査」
調査対象者
20~69歳の男女
楽天インサイト仕事パネルで「総務、経理、人事の方」に対してスクリーニング調査を実施 下記条件該当者を本調査の対象者とする
・勤め先で3年以内にパーパスを策定している
・パーパス策定に関与している
・スクリーニング調査:n=8,320  本調査:n=400
調査手法
インターネット調査
調査実施期間
2022年12月15日(木)~12月19日(月)

執筆者

小澤 聡
日本経済社
統合マーケティング局 マーケティング3部 部長
パーパスブランディングストラテジスト

執筆者

四方田 耕児
日本経済社
統合マーケティング局 マーケティング3部
パーパスブランディングプランナー

※内容および出演者の所属・肩書は2023年5月現在のものです

BACK TO LIST