インタビュー(対談) 組織でアップ!デジタルマーケティング基礎力

インターネット広告等のデジタルマーケティング業務を担う部門では、組織でリテラシーを向上させていくにはどうすればいいか? 研修講座、社内での情報やナレッジの共有、実務によるトレーニング、分析ツール等のスキル修得、外部専門家の研修、そして評価/フィードバック制度などの有機的なプログラム開発がポイント。 その中でも、デジタルマーケティングの基礎は、組織のスキルを底上げするために重要な力となります。 オンラインによるデジタルマーケティング基礎講座「デジマナ」を提供する共同ピーアールの佐藤英明さん、運営協力会社、メイシスの安田秀之さんに秘訣をお伺いしました。 聞き手の日本経済社・統合マーケティング局の加藤優佳は、新人研修で「デジマナ」を受講しています。

デジタルマーケティング教育で押さえておくべきこととは

加藤優佳(以下、加藤):デジタルマーケティングの領域では、メタバース、生成AIなど、技術的進歩がすごく速いですね。そんな中、企業の宣伝部門の方や広告会社などインターネット広告などに関わっている人・組織はどうやってスキルを習得し伸ばしていけばいいのでしょうか?

佐藤英明氏(以下、佐藤):デジタルマーケティングの基礎をしっかり学ぶことです。手前みそになりますが、デジマナの「デジタルマーケティング基礎プログラム」はその「扉」としては最適です!(笑)。

共同ピーアール 佐藤氏

加藤:デジタルマーケティングの領域は広く、一言に「基礎」といっても迷ってしまいます。どこを押さえておけばいいでしょうか?

佐藤:これは、「デジマナ」のプログラムにも反映させていますが、「デジタルとマーケティング」、「SNSマーケティング」、「広告やインターネット広告」、「デジタルマーケティングの実施から分析」の基礎を押さえておく、といったところでしょうか。「デジタルとマーケティング」は切っても切り離せません。またデジタルマーケティングの業務を一連のプロセスで習得することも大事なことです。

加藤:なるほど、「デジマナ」を受講した際、私のようなプランナーも、マーケティングの基礎と一緒にデジタルを学ぶことが大切だなと感じました。チームとしてのリテラシーを高めていく、そのために必要なことは何でしょうか?

佐藤:これはデジタルの分野だけではなく一般的な組織論かもしれませんが、しっかりしたリーダーを育成すること、チーム内の「ビジョン」「目標」を明確に設定することですかね。加藤さんは、ご自身のキャリア像をどう描いていますか?

加藤:デジタル・データを駆使することや最新の知識とスキルを学び続けることで、常に変化している時流を捉え、コンテンツとチャネルを統合的にプランニングし、プロジェクトを管理、遂行できるプランナーを理想像と考えております・・・以上、先ほど先輩から耳打ちされたことと、私の考えを合わせてのコメントでした。(笑)

デジタルマーケティング基礎講座の提供を通して

加藤:オンラインでご提供されているデジタルマーケティング基礎プログラム「デジマナ」について少しお話を伺わせてください。

デジタルマーケティングの教育サービスは、各社から多様に提供されていますが、その中でのデジマナの特長はどういったものでしょうか?

安田秀之氏(以下、安田):デジマナは必要とされるデジタルマーケティングの基礎が全て身につく全24講座で構成されています。特長としては、わかりやすい動画で学習コンテンツを提供していること、各分野の専門家に講師として登場いただいていること、そして、オンラインテスト機能がついています。「しっかり身につく基礎講座」といったところでしょうか。

あと、毎月最新の情報をウェビナー形式でライブ開催しており、デジタルマーケティングのトレンドもキャッチアップできます。

メイシス 安田氏

加藤:そうですね、私が受講した感想としてはデジタルマーケティングに対する知識が少なくても、順序を追って体系的に学ぶことが出来ました。また、動画を聴講した後にテストで理解度を確認することが出来たので、自信にもつながりました!

当社では主に新入社員研修や、デジタルマーケティング担当部門への異動者が受講していますが、デジマナを利用されている企業の声をお聞かせください。

安田:広告会社、新聞社、テレビ局の法人利用多いですが、一般企業や大学・専門学校の方、個人でも受講されています。目的は、新入社員・中途社員のデジタル研修、デジタル部門に配属になった社員研修、営業部門のデジタル知識の向上などが主です。

受講者の声をざっと列挙すると、以下の通りです。

・お客様との打ち合わせの場面、話に出てきたデジタル用語の意味が分かった 。

・社内やお客様にプレゼンする時に参考にした。

・これまで全く理解できなかったデジタル関係の話についていきやすくなった。

・デジタル広告の単語や仕組みについて学んだことで、媒体資料の内容や表の見方などが理解できるようになった。

・打ち合わせでコンバージョンとかクリック単価などの用語が出ても、デジマナで知っていたので理解が早かった。

・CPAなど全く知らない言葉をOJTの場面で耳にすることが多く会議の内容がわからないということがあったが

 デジマナを受講してから単語の意味をより理解できるようになり早く自分ゴトとして業務を捉えることができた。

佐藤:教育・研修担当者の方からは、管理画面で受講者の講座のログイン状況や講座の視聴進捗、テストの点数など、「学びの進捗が見える」ことにも評価いただいておりますね。

また、デジマナを活用して成功している企業様は、以下のことを実践しています。

・受講者の受講状況をウォッチ・アドバイスできる管理者を設定すること

・ゴールを設定すること(いつまでに受講して、いつまでにテストに合格するなど)

組織のデジタルマーケティング基礎力向上の秘訣

加藤:ありがとうございます。デジマナの概要は、当ホームページでも紹介しています。

最後に、まとめとしてデジマナの事業を通して実感されている「組織のデジタルマーケティング基礎力向上の秘訣」を教えてください。

日本経済社 加藤

佐藤:「組織」というところがポイントですね?デジタルマーケティングを個人個人の自主性に任せて学ばせると、修得のレベルや範囲がバラバラになってしまい、どうしても属人的になってしまいます。「この会社にデジタルマーケティングを任せても大丈夫」と思ってもらうには、組織全体で基礎力を持っていることが大切だと感じています。

そのためには「同じ組織のメンバーが全員、同じプログラムを同じタイミングで学ぶ」ことが重要ではないでしょうか。学ぶ人、学ばない人の差から生まれるボトルネックをつくらない。同じ知見の基盤があれば、社内で共通認識・共通言語が生まれ、より仕事がスムーズで効果的になります。

安田:「学びのPDCA」サイクルをつくることも大切ですね。受講し、テストなどで習得度合いを測る、苦手なテーマをもう一度見直す。デジタルマーケティングで押さえておくべきキーワードや仕組みは多彩で、とかく忘れがちです。研修期間が終わっても、振り返り・学び直しの機会をつくるのも有効だと思います。

加藤:私も「振り返り」に心がけます!本日はありがとうございました。

出演者

佐藤英明氏
共同ピーアール株式会社 PRアカウント第2本部 4局12部
総合研究所 広報の学校 ディレクター

出演者

安田秀之氏
メイシス株式会社
営業部長 システムプロデューサー

インタビュアー

加藤優佳
株式会社日本経済社
統合マーケティング局 マーケティング1部

※内容および出演者の所属・肩書は2023年6月現在のものです

BACK TO LIST