1to1スターター

株式会社日本経済社と株式会社ジーニーの共同開発により、マーケティングオートメーション(MA)ツール MAJINとLINE@を初めて連携させ、手軽にOne to One配信を可能にしたBtoCリード・ナーチャリングツールです。シナリオ作成&コンテンツ作成などコンサルティングを含め、貴社のBtoCコミュニケーションをトータルに支援します。

1to1スターターで出来ること

「LINE@で顧客向け配信をしているが、一斉配信のため限界を感じている。」
「CRMの一環でメルマガを始めたいが、今どきメールは読んでもらえないし・・・。」
こんな悩みを持つ企業は多いのではないでしょうか?MAツールなら、顧客一人ひとりに最適な情報をOne to Oneで配信することが可能です。顧客にとって有益な情報を選択的に提供することでロイヤルティアップ、売上拡大が見込まれるとともに、サイトへの流入や反応計測に基づく施策の評価も期待できます。

1to1スターターは、このMAツール MAJINと開封率の高いLINEを組み合わせたリード・ナーチャリング・ツールです。しかも従来のLINE ビジネスコネクトに比べ、低価格のLINE@を用いるため、導入費用は最小限で済みます。

「MAツールは設定が面倒で・・・。」
担当者泣かせのこんな悩みも、1to1スターターなら一挙に解決。
MA導入の最難関となるナーチャリング・シナリオの作成や必要なコンテンツ整備も、長年BtoCクライアントのマーケティングを支え続けてきた弊社のコンサルティングによってしっかりお手伝いいたします。

敷居の高かったMAツールとLINEによるリード・ナーチャリング。1to1スターターで安く手軽に始めませんか?

1to1スターター導入前→導入後
  • 「貴社用 リード・ナーチャリングシナリオ(提供すべき情報の種類、対象、タイミングについてのガイドライン)」「貴社サイトコンテンツの最適化」

    貴社のリード・ナーチャリングに向けたシナリオ開発と、誘導先としてのWEBコンテンツの整備・最適化をご提案します。どんなリードにどのタイミングでどんな情報を与えるべきかの基本設計を行います。

  • 「MAツールMAJIN®によるリード管理(属性、行動履歴、…)」「誰に/どのタイミングで/どんな情報を」

    貴社顧客・見込み客データ、または新規リードのデータをMAJINに取り込み、属性や行動履歴に基づくステージの別に管理します。

  • LINE@による1to1配信とコンテンツ誘導

    MAJINに登録したシナリオに基づき、リードごとに異なるメッセージを配信し、反応をトラッキングすることでステージ遷移をさせつつ、当該リードのナーチャリングを促していきます。

1to1スターターの活⽤例

例1:大学の受験者獲得に向けた活用

  • オープンキャンパスや進学説明会に参加した受験生に対して、出願時期まで大学への興味の継続・維持と好意形成を行い、出願の歩留まりを高めることで、入学出願者数の確保と質の向上を図る。

例2:店舗の会員継続/高単価化に向けた活用

  • 店舗顧客の会員種別や属性、来店・利用度に応じて、個別のキャンペーン案内や限定商品の優先販売などを行い、会員の離反防止→ロイヤルティ向上と来店・利用度増を図りつつ、LTV向上により全体売上拡大を図る。

例3:マンション販売に向けた活用

  • 新規マンション分譲時の反響者ナーチャリングによる、物件理解・好意形成の促進からクォリファイド・リードのMR来場、個別相談申込みにつなげて営業活動の効率化を図る。

LINEによるナーチャリング・イメージ(例1の場合)

顧客の属性や行動履歴に基いて最適なメッセージを配信することで、ステージアップ(ナーチャリング)が可能となります。

※上図はあくまで実施のイメージです。
実際にはステージ判別、配信メッセージ等について、より詳細に設計・調整の上で実施させていただきます。

MAJINでのメッセージ配信イメージ

MAJINインターフェースからの、LINEメッセージ作成・配信設定が可能です。

※「1to1スターター」は、株式会社日本経済社が商標登録出願中です。
また、「MAJIN」は、株式会社ジーニーの登録商標です。
※「LINE」および「LINE@」は、LINE株式会社の登録商標です。

「1to1スターター」について興味がある方は、
日本経済社コミュニケーション・テクノロジー・センターまで
お問い合わせください。