株式会社日本経済社 新型コロナウイルス感染リスク、「職場に安心して行けない」47%、ドアノブからの感染懸念、女性や40代が高く 日経リサーチと共同で意識調査 2020年8月31日

 株式会社日本経済社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:冨田 賢)は、株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福本 敏彦)と共同で、新型コロナウイルスの感染リスクに関する意識調査を8月中旬に実施しました。

 お勤めの方(会社員、公務員、自営、パート等を含む)のうち、「職場に安心して出かけられない」と答えたのは46.6%と、「安心して出かけている」(38.5%)を上回りました。「職場に出かけていない」(14.9%)を含めると、出勤に対して不安を持っている方が、約6割にのぼることがわかりました。
「安心して出かけられない」との回答は、従業員規模千人以上の企業などにお勤めの方で55.5%にのぼり、大企業の方ほど不安感が大きいという結果がでました。

 「安心して出かけられない」理由については(複数回答)、「職場で感染する心配がある」が68.6%ともっとも多く、「通勤の電車やバスで感染する心配がある」(60.1%)、「街中の人込みで感染する心配がある」(49.5%)が続きました。

 職場が積極的な感染予防対策に取り組んでいるかについては、「積極的に取り組んでいる」「まあ取り組んでいる」があわせて79.8%を占める一方、「あまり取り組んでいない」「まったく取り組んでいない」も20.2%。特に従業員百人未満規模の企業にお勤めの方では、3割近くが取り組んでいないと答えました。

 各人が職場内や通勤途上で感染に気をつけている個所(複数回答)としては、「ドアノブ」が61.5%と圧倒的に多く、「トイレ」(52.0%)がそれに続きました。「車両の吊り革や握り棒」(38.2%)、「電灯のオン・オフボタン」(25.6%)、「デスクの上」(25.0%)、「コピー機の操作画面」(24.2%)も多くの方が気を付ける対象として挙げました。

 男女別では女性の方が気をつけている比率が全般に高く、年齢別では全般に年代があがるごとに比率もあがりましたが、その中で、40代はドアノブに気を付けている人が68.6%と全世代のうち最大となるなど、子育て時期にあたる世代が感染リスクに敏感になっている傾向もみられました。

 職場における感染予防対策として「接触感染を防ぐための効果が長期間持続する抗ウイルス・抗菌コーティング」を必要だと感じているお勤めの方は「必要である」「できれば必要である」をあわせて76.1%、「社員や来訪者に対する陽性検査(PCR検査、抗原検査、抗体検査)」は同74.7%、「職場内の“密”状態を計測・改善提案するサービス」は同66.4%でした。
またこれらの対策を導入している職場は働く人を大切にしているかという問いに対して、「接触感染を防ぐための効果が長期間持続する抗ウイルス・抗菌コーティング」では「とても大切にしていると思う」「まあ大切にしていると思う」をあわせて73.7%、「社員や来訪者に対する陽性検査(PCR検査、抗原検査、抗体検査)」同69.1%、「職場内の“密”状態を計測・改善提案するサービス」は同70.1%となりました。

 調査は日経リサーチが8月中旬、10代から70代までの男女を対象にインターネットで実施しました。男女ほぼ半々の1,022人から回答を得て、うちお勤めの方は629人でした。

 日本経済社では、株式会社デルフィーノケア「施設まるごと抗ウイルス・抗菌サービス:デルフィーノ」の販売代理や、ロキ・コンサルティング株式会社「新型コロナウイルス抗体検査キット:ICheck(アイチェック)」の販売支援を通じて、安心して働ける職場・施設環境づくりに貢献していきます。

【本調査や「デルフィーノ」に関するお問い合わせ先】

株式会社日本経済社 新規事業開発・営業企画室  担当:大高

電話:03-5550-6209  メール:info-kokin@nks.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社日本経済社 経営企画室  担当:北島・金木

電話:03-5550-6508  メール:press-toiawase@nks.co.jp

【本調査や「デルフィーノ」に関する
お問い合わせ先】

株式会社日本経済社
新規事業開発・営業企画室
担当:大高

電話:03-5550-6209
メール:info-kokin@nks.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社日本経済社 経営企画室
担当:北島・金木

電話:03-5550-6508
メール:press-toiawase@nks.co.jp